不動産取引のお役立ち情報

お安い火災保険

今年の10月から地震保険料率が改定され、全国一律だった料率が地域によって8区分され、福井県は全国で最も安い地域の中に含まれました。ちなみに高いところは、東京・神奈川・静岡の3都県、次が千葉・愛知・三重・和歌山の3県、そのあと埼玉・大阪、徳島・高知と続いていて、一番高い地域とは3倍以上の開きがあります。
これにより福井県内ではこれまでの地震保険料と比較して約半分となり、何しろ保険料が高いとイメージされていた地震保険にも加入しやすくなりました。
通常、住宅を建てたり、買ったりするときに加入するもので、弊社でも損害保険会社の代理店となっていて、できるだけ安くてもしものときに役の立つ火災保険を勧めているのですが、地震保険が安くなって最近お勧めしているのは、保険が支払われる災害を限定し、安くなった分で地震保険にも加入していただく方法です。
通常の火災保険では一般的にフル担保といわれ、火災や破裂、落雷、爆発のほかに、物体の落下、飛来物の衝突、雪害、風害、騒じょう・集団行動、盗難、水災、自分の不注意による破損汚損などまでカバーされていますが、私にがお勧めしている災害を限定した保険では、火災、爆発、破裂、落雷だけが担保される保険です。これだけの災害に限定するだけで保険料は通常の35%の額(なんと65%引き)になります。安くなった分を、地震保険に加入していただいています。
具体的な金額で言いますと、通常の木造の住宅(C構造といって最近多いサイディング張り)の場合、
保険金額2000万円で30年一括払のとき、フル担保ですと65万8千円が、上記の災害限定ですと、22万7千円なのです。これに地震保険1000万円5年分が44500円ですから、フル担保で地震保険なしより、安心できるのではないかと思います。
確かに損害を限定しますと、台風が来て窓ガラスが割れたり、大雪で軒先が折れてしまったり、はたまた、この前の福井豪雨のように堤防が決壊して床上浸水したりしたときには、一銭たりとも保険は支払われませんが、家が全壊する様な被害は多くの場合、火災、破裂、爆発、そして地震に限られると割り切って考えれば限定保険がお勧めではないかと思います。
それと、意外と被害額が大きくなるのが落雷で、見た目はそれほどの被害がない場合でも、落雷で電気が逆流し電化製品がすべて駄目になってしまった例もあり、被害を限定しても、家財保険にも加入しておくのがベストマッチではないかと思っています。
でも最後にお金に余裕のある人は、火災保険は建物も家財も、そして地震保険もフル担保で加入しておくのに越したことはありません。

2007/11/15