社長のブログ

忙しい理由

この前、同じ業種の5年くらい年上の方とじっくり飲み交わす機会があり、業界で組織されている協会のことや、私自身の仕事のことなど最近の忙しい近況をお話しているうちに、その方は何故今忙しいのかを、論理的に解明していただきました。
まずは、仕事の量そのものが増えている理由として、景気が悪く、1、2人に案内すれば決まった物件でも、5、6人に案内してもなかなか決まらないことと、今まで自分の技量ではできなかったと思われる仕事も、これまでの経験と実績で取り組むことができるようになったため、これも仕事が増えた原因ではないかとのこと。それと、やはり50才代前半が、仕事に対する情熱も人生で一番油が乗っている時期ではないかと言うことでした。
確かに、最初からあきらめていたような仕事にも、ここ数年は色々な実現案を考え、汗をかいて調べて、積極的に取り組もうとしている自分がここにいます。このホームページなどもその一つなのかもしれません。

そんなこんなで、パソコンの前に座ることも多く、1ヶ月ほど前より首から左手が痛かったり、しびれたりして、特にパソコンの前に座ると我慢できないくらいの痛みを感じ、整形外科へ行ったら「第6頚椎のヘルニア」と診断されました。


こんなに忙しいのに、ここで肩や首が痛いと言ってへこたれるわけにはいきません。整形外科の薬や注射がどうも、痛みを和らげるだけの対処療法的なものが多いので、鍼やマッサージにも行くようになりました。

そして、ここ1ヶ月ほど通っているのが、「タケヤマ整骨院

(場所は弊社から南へ80m南)
ココの院長は私と同級生。昨年までは福井工大そばで「光陽整骨院」として開業していましたが、地元の丸岡に移転してきました。それまでも、腰が痛くなったときなどわざわざ光陽まで私が行っていたのですが、あまりお世話になりたくないのですが、近くなって大変便利になりました。


整骨院や鍼灸院、マッサージ、カイロプラクテック、整体などなど呼び方や治療法は色々あるのですが、基本的に鍼とマッサージ、カイロプラクテックというのは、それぞれの免許があるとのことで、「タケヤマ整骨院」の院長は、これらそれぞれの免許を持っているとのことで、私の場合は、首筋や肩甲骨に鍼を打って(これが怖くて緊張します)、その鍼に低周波電気を流して約10分、その後マッサージした後首を「カクッ」とひねられて終了です。
私は、体の不具合が出たら、できるだけ早く完全に治そうと最大限の処理を惜しまないので、今回も、最初、痛みが激しい時は、病院で頂いた痛みを和らげる薬を飲んでましたが、痛みが落ち着きだした頃から、栄養補助的にタケダのアイナミンAとアクテージSN錠、それと関節痛に効くとされる漢方薬も服用して、ここの整骨院にも通っていました。
病院には2回行きましたが、ココ1ヶ月は中1日のペースでこの整骨院通い、タケダの薬をのみ続けた結果、ようやく何とか痛みはほぼ解消しました。
薬が効いたのかもしれませんが、鍼に電気治療は以前腰が痛くなったときも、私にはかなり効果がありましたので、この整骨院の効用も高かったのだと思います。
まだ、完治とまではいきませんが、また頑張りますのでよろしく。

2010/5/17