不動産取引のお役立ち情報

上下水道引込工事負担金って?

「住宅地として販売するのなら、水道も下水も敷地内に入っているのが当たり前」と考えていると、間違いやすいのが、上水道や下水道設備です。

自動車などを買っても、諸費用として重量税とか取得税の他に、整備費用なんて言うのが別途かかる場合がありますが、それと同じ感じで、一般の人にはわかりにくいのが、この手の諸費用です。
車を買って車庫で飾っておく人はまずいないだろうし、すぐに乗る車なのだから、全部でいくらなの?って言いたくなりますが、住宅地で売っていて、水道が引き込まれていないってどういうことなの?って言いたくもなる気持ちよくわかります。
色々な不動産広告を見ていると、「上下水道引込工事負担金30万円別途」とか「下水道負担金20万円別途」と書かれている広告をよく目にします。
これらは、新たに埋立をして分譲している土地などに多いのですが、道路から各売地に水道や下水を引き込む際に、土建業者に支払う工事費以外に、分譲不動産業者が行政に対し、水道加入金とか下水の受益者負担金とかを別途に支払う必要があるので、その別途費用分を購入するお客さんから土地だとは別口で頂きましょうって考え方なんです。
で、実際に必要な水道加入金は、坂井市は20㎜のメーターで105,000円、下水の受益者負担金は土地の広さに応じて、㎡当り440円、50坪165㎡で72600円となります。と、いうことは合計で177600円。「上下水道引込工事負担金30万円」っていうのは行政に支払う負担金以外に、文字通り、引込に要する工事費も含めれているってことです。
ですから、「下水道負担金20万円別途」というのは、正確に言うと負担金だけで20万っていうのはおかしいってことになります。(土地に広さにもよりますが)
ここまで読んで、「よし、上下水道は入っていなくても自分で入れた方が安上がりかも?」と早合点してもらうと困るので、最後まで読んでくださいね。
分譲住宅地以外で、元々埋め立てられた古い宅地などでは上下水道が入っていない土地も売りに出されていますが、道路の下に必ず水道管や下水管が敷設してあるとは限らないのです。また、下水は道路に敷設してあるのですが、深さが3mとか4mという個所もたまにあります。前面道路に水道や下水が敷設していない場合、近くまで道路も掘って引きもく工事は行政はしてくれませんから、全部その土地を利用する人が支払わなければならず、工事代だけでも100万円近くする場合も出てきます。
一般的に、前面道路から宅地内に上下水道を引込む場合は、30万円~50万円かかりますので、別途費用として支払う方が安い場合も多いようですが、50坪の土地に引込工事負担金が別途30万円とした場合、坪当たり6000円ということになりますから、土地の価格を坪単価だけで比較するのではなく、これら条件も含めて比較すべきということになります

また、上下水道の敷設状態や、引き渡す際の状況、負担金の有無や金額などは、土地を購入する契約をする前に、必ず不動産業者が書面で用意し直接説明をしなければならない「重要事項説明」で納得いくまで説明を聞いてから、そのあとに契約することが肝心です。

2012/7/1