地元のお役立ち情報

坂井市にできる新しい道路

Sinkansen

坂井市とあわら市を縦断する赤い線が「北陸新幹線」ですが、上の地図の下側、福井市の開発からこの新幹線ルートに並行して計画中の道路が「福井森田丸岡道路」です。この道路は北進して、「福井港・丸岡IC線」と合流して福井港に向かって行く計画が発表されています。

新設道路の概要

現在福井市の開発地区、「ホームセンターヤマキシ」前の交差点から、中央分離帯の幅が異常に広い、片側2車線の立派な道路が双方向に向かってできていますが、実はこれが「福井森田丸岡線」の起点で、分離帯には近い将来北陸新幹線の橋桁ができて、その上を北陸新幹線の通り道となります。この道路4車線と新幹線は、ここからずっと仲良く並行して九頭竜川を渡って、森田地区の区画整理中の中まで一緒なのですが、森田地区から坂井市春江町に入ったところで、新幹線は東側へ、道路は4車線のまま西側にに分かれます。

道路は緩くカーブを描きながら北進して、東側の丸岡ICから直進してきた道路と立体交差して現在の「五月ヶ瀬」の舟寄工場のあたりで大きく左にカーブして、西に向かって、芦原街道の「みつわ」のガソリンスタンドで現在すでにできている福井港に向かう道路に直結する予定です。

この道路ができると

現在、森田や丸岡から福井市内に車で向かう時は、旧8号線の「九頭竜橋」か8号線の「福井大橋」を渡るのですが、この2つの橋の間に8号線と同じ4車線の橋ができるのですからその効果は絶大ではないかと思います。

たとえば丸岡町舟寄の五月ヶ瀬から、福井のジョーシン電気まで現在8号線を通って車で行くと、最短距離で9.9km、信号待ちなしで15分(時速40km)ですが、新しい橋と道路ができると10分かからなくなります。

特に新しい道路は丸岡町と春江町との中間を南北に縦断するので、坂井町の若宮団地や春江町のいちいの団地周辺から、特にエルパのある大和田地区へのアクセスは格段によくなることが予想されます。

他には、九頭竜橋や8号線の渋滞解消にもかなりの効果があると思いますが、坂井市側はこの道路から四方八方へ分かれる道路がありますが、福井市の開発地区の渋滞が激しくなることが少し心配です。

 

2014/11/29