社長のブログ

学生さんのマンション探し! 一人で決められる? 

センター試験も終了し、もうすぐ前期後期の試験、そして合格発表ですが、合格した大学が親元から離れていたら次の問題は「マンション探し」

親からするとまだ高校生だと思っていた子供やいよいよ「親離れ」をして一人暮らしをする第一歩。子どもにとっても「不安と期待と憧れ?」の一人暮らし。さて、子供一人で「マンション探し」はできるか、親にとっても決断が迫られる時期です。

「いやゃ~ そんな大事なこと子供一人では無理に決まっている。」と考え、親と一緒にマンション探しに訪れる人が多いのは事実ですが、親元も遠いし、どうせ一人暮らしするのだからと割り切り、もしくは親の仕事の事情等の理由で、子供さん一人でマンションを見て決められるたくましくしっかりした新入学生も毎年数名はおられるのも事実です。

この場合、契約者は未成年となる場合がほとんどですので、親が連帯保証人となって頂き子供の契約を追認していただきますが、親からすると子供が決めてきたマンションでトラブルがないか、大事なことは聞き漏らしていないかなどなど心配が尽きません。

でも、マンション探しの際に親と子供が福井まで見に来て、また入学式や引っ越しの時に親も福井に来るとなると、2か月弱の期間に2回も親子2人で福井に来ることとなり、マンションの敷金や入学金などで大変な時期に交通費も大きな出費となり親のすねは細くなるばかりです。

そんな出費を抑えるためには、「かわいい子には旅をさせろ」の通り、親は子を信じてマンション選びを一人でさせてはどうかと思います。その際の注意点を列挙しておきますが、これは親と一緒にマンション探しをする際にも有効なこともあります。

まずは「現地に行くまでの準備」

まずはネットで家賃等を考慮しながら、見て回るところをピックアップ。多くの物件を見れば見るほど地域性や土地勘なども少しずつわかってきます。このサイトの中にある、「福井県立大・福井大学医学部 どこが便利?

現地へ行くまでの調査

まずは、福井までの交通機関は手配は比較的簡単ですが、学校や見に行くマンションまでの交通も把握しないと、福井県立大や福井大学医学部はかなり市内から離れているので注意が必要です。JR福井駅から福井県立大・福大医学部までの行き方を開いて良く研究してください。

現地へ行ってから時間を有効に使うには

現地まで行ける日時・時間を前もってそのマンションを管理する不動産会社へ連絡しておくと効率的に見て回れます。不動産会社にとっても、「今、マンションの前にいるのですが・・・」と言っても、現地に行くまで20~30分かかる場合もあります。

現地で見るべきところ

自分で住むところですから、本人が気に入らなければ、結局、数か月で引越し、または一人悩んで楽しい学生生活をおくることができなくなるので、マンションを見て回る際は家賃だけで部屋を選ぶのではなく、家賃以外に必要な費用や更新のあるなし、退去時の清算方法、部屋の大きさだけでなく日当たりや風通し、わからないことは正々堂々と聞くことのほか、子供は契約書にその場で親の氏名を代筆などしないことや、直接家主の調子の良い説明ばかり鵜呑みにしないことなどなど、そして学生一人で選ばう場合は、「私は未成年ですから、一旦親元に帰って親と相談して最終決定させて頂きます」ということを忘れずに。親は子が選んできたマンションの説明を良く聞いてわからないことは電話で確認することも肝心です。

弊社では、子供さんだけでマンション探しに来られても、親と一緒に来られても精神誠意納得いくまで説明させていただきます。是非、「かわいい子供に旅をさせてみてください。」

親が思っている以上に子供は成長しているというのが、先輩の親(私のことですが)の経験談です。

2015/1/23