社長のブログ

中古住宅にも瑕疵保険

中古住宅にも住宅瑕疵保険の加入をお勧めしています。

現在、新築住宅では平成21年10月より住宅瑕疵担保履行法が施行され、10年保証が確立されましたが、中古住宅は福井県内ではほとんどの場合、「引渡しは現状有姿、売主は瑕疵担保責任は一切負わない」契約がまだ主流です。この場合、中古住宅を購入した買主は、万が一引渡し後すぐに建物から雨漏りしてきた場合であっても、その修理費は買主が負担することとなります。

引渡しまでは雨漏りなどしたことがない住宅であっても、屋根や外壁が経年劣化によりちょうど引渡し直後に雨漏りが発生することも不思議ではありません。 瑕疵保険では、まず引渡し前に外部の専門検査員が現場検査し、保険加入に適合した建物に保険証書が発行され保険が開始されますので、まずこの保険の検査に適合するだけでも大きな安心につながります。

築20年以上の建物でもこの保険に加入することで、買主には大きな安心と不動産取得税や登記料が安くなる税制的な特典や、住宅ローン控除の対象となるメリットがあります。

弊社では、自社売主の物件はもちろん仲介物件でもこの保険を付保して取引を進めることといたしました。

 

2015/7/5