不動産取引のお役立ち情報/社長のブログ

レオパレス家主が怒った!

ついに気が付いた家主が怒りました!

内容については、「家主の私がレオパレスを訴えた理由」集団訴訟はなぜ起きたか? を読むと詳しく記載してありますが、訴訟自体は家具家電の取替をしなかったことみたいですが、問題はサブリースから発生した家主側の不満が積もり積もったのだと私は思っています。

記事の内容にもありますが、アパート・マンションを建てて賃貸経営するということは、立派な投資事業であり、不動産賃貸経営を行うということです。投資や経営を行う際に、その土地の特徴やニーズに合わせて建物の設計や間取りを決めるのは当たり前で、建てた後も家賃の設定を見直したりリフォームするのは、経営者である家主の判断なのです。全部、業者任せにして一定の家賃の振込だけを見ていて満足しているような家主は、必ずそのしっぺ返しがあるということです。

賃貸経営で右も左もわからない人が、いきなり不動産経営を行うには、信頼されるアドバイサーが必要です。私どもは、危険性や事業見込みを一緒に相談して、一緒の経営する立場に立って末永く安定経営ができるよう最大限の努力をしています。

サブリースでお困りの方、今からでも遅くはありません。是非、弊社社長の山下までご相談ください。

2016/11/28