よもやま話/社長のブログ

今年もお世話になりました。

平成30年も多くの方々のお陰で無事に終えようとしています。

2月の大雪では連日の除雪で疲労困憊でしたが、大雪では地震や水害のように、家がつぶれることはほとんどなく、少しの間物流が止まり、移動が大変になること以外は、じっと我慢していれば、文字とおり水に流れるので、毎日必死に雪と格闘していました。

大雪にもかかわらず、昨年12月に着工した事業用借地の大型店舗も予定通り完成しましたし、雪をかき分けて中古住宅の引き渡しも行いました。雪が融けた春先以降も、今年は特に商業物件の売買が順調に推移しました。秋口には一旦不調でしたが、お陰様で11月に入ってからは忙しくなり、新年を迎えることができることを感謝しています。

今年は、1月から町内会の会計を務めさせていただきましたが、道路の美化や防災、レクレーションに慶弔等々、いやまあ色々と大変なことだと実感した日々でした。誰かがこれまでやって来てもらったことであり、今年に限って大変だったわけではないのですが、町内会長ともなるとさらに忙しくなることがよくわかりました。1年でお役目御免になることで少々ほっとした気分です。

もう一つの役目として、宅建協会の副会長に加えて、全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)の福井県理事となり、事業運営委員会の委員となりました。まずは県内会員を増やすことで奔走し、2会員が増えましたがまだまだ力不足で、来年はできれば10社を新規加入させたいと思っています。事業運営委員会では、会報を刷新する事業でかなり斬新な会報に変えていくようになり、来年春以降の発刊が楽しみです。

年内にもう一つ懸案だった売買契約をまとめ、もう1件の決済を控えておりますが、今日は相続物件の一括管理の事案も舞い込み、年末ぎりぎりまで、そして来年も頑張る所存です。今年1年お世話になった方々に心より感謝申し上げるとともに、来年もよろしくお願い申し上げます。

平成30年12月22日代表取締役 山下健治

1月取引の中古   この後、大雪に

2月6日の朝の状況  次の7日までにさらに70㎝の積雪でした。

 

 

2018/12/22