不動産取引のお役立ち情報

現在地での建替から カシコイ住替プラン

現在のお住まいを建替えようとすると…
現在の住宅の取り壊し費用(br)
廃棄物処理の方法が変り、電化製品の回収が有料化されるなどの影響もあり、住宅を1軒取り壊すとなると、少なくとも延べ面積に対して坪3~4万円の取壊し費用が必要とされています。一般的な住宅で約35坪で90~150万円。その上電気や水道工事など諸費用もかかりますし、重機などの機械で取り壊せない部分があると、取り壊しは150万円を優に超える場合も少なくないようです。(br)
仮住まいの選定
取り壊しから新築の工事期間の4~5ヶ月、仮住まいを選ばないといけないのですが、1軒家の大きな貸家はすぐにはなかなか見つかりません。マンションに入る人も多いのですが、仮住まいには家賃が発生しますし、引越に2回費用がかかります。借家やマンションの場合、月7万円としても仲介手数料や礼金なども発生すると50~60万円、2度の引越費用も10~30万円。
こうして予算組みすると、新築費用以外に現在地での建て替えには、少なくとも150万円以上は必要だと言うことになります。
しかも、今現在住んでいる住宅ですから、そのまま住めないこともない住宅も沢山あります。
そこで提案したいのが…
カシコイ住替プランです。
今のお住まいをそのまま共立不動産に仲介、又は買い取ってもらって、その代わり共立不動産の売土地に自分が好きな業者で好きな間取りの住宅を新築しようというプランです。
これだと、取り壊しも費用も必要ありませんし、引越も1回だけで済みます。しかも、現在の住宅の評価も売値に加算されれば、まさに一石二鳥。仮住まいをする必要もなく、スムーズに新築住宅に移り住むことが可能なのです。
ただこのプランの欠点は、お住まいの拠点がこれからずっと変ってしまうのですから、近所の仲の良い人たちとは少し離れてしまう寂しさです。これさえ我慢すれば、場合によっては300万円以上の節約になることもあり得ます。
現在、弊社売土地「城北1丁目」「里丸岡3丁目」にこのプランが利用できます。但し、現在お住まいの住宅は原則として築後30年以内、住宅地に建つ1戸建住宅に限られます。
是非ご検討されてはいかがでしょうか?
このプランのパンフレットは↓コチラ (クリックすると大きくなります)
sumikae

2009/10/27