社長のブログ

2011年 明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

大晦日からの大寒波・大雪の予想が出ていましたが、福井はほとんど雪も積もらず、穏やかな正月2日目を迎えています。山陰地方が大変な豪雪のようですが、天気図を見ると、等圧線が南北ではなく、右へ傾いているので、日本海を渡って来る湿った雪雲が、北西方向ではなく、真北から南へ吹いたために、嶺南地方や山陰に雪が多かったようです。
さて、去年は猛暑の影響か、7月から9月頃まで弊社の取引も大変少なかったのですが、前半と、11月以降に忙しくなりました。12月も年末ギリギリまで案内や問い合わせがあり、お蔭様で年明け1月5日にも中古住宅の契約が頂ける予定となり、仕事納めが終わってからも、契約書や重要事項説明書を作ったりと慌しく年を越した感じでした。ただ、不動産業界に入って今年で、早30年目。正月5日から売買の契約するのは記憶になく、何となく気が高ぶる年明けを迎えました。
そういえば28年前の大学3年の夏に、将来は不動産業で身を立てようと決め、地元の不動産業者(旧滝波地所部=現タキナミ)の社長に面接に行き、宅建取引主任者の試験に合格すれば、入社させてくれると聞き、それまで勉強していた税理士試験の参考書を宅建の参考書に差し替えて勉強したことを思い出しました。入社試験みたいなものだった宅建試験には大学4年の時に合格し、学生時代最後の帰省で実家に帰ってきたのが昭和56年の正月でした。
東京から、米原経由で北陸線に乗換えて福井に帰ってきたものの、大晦日から降りだした雪は、止まることを知らず、正月の年始に就職か決まった会社に挨拶へ行こうと、親父の車を借りて福井へ向かおうと丸岡を出ましたが、国道も雪でデコボコ。数キロ進むのに1時間もかかってしまい、丸岡の出口で引き返して来て、年始へ行くのはあきらめ、連日、実家の屋根の雪下ろしをしていました。その雪は確か1月7日頃まで降っていて、一旦小康状態になり、国鉄も動き出したので8日に東京に戻りました。
入社してから7年目の年末にその会社を辞めて、共立不動産に福井支店を作り独立しました。あの豪雪から今年は30年、私のこの業界在籍も30年。入社当時は雲の上のような人たちで組織されていた宅建協会でしたが、そこの理事になって5年目、昨年からは常任理事、その他、福井県不動産のれん会の理事や、丸岡ロータリークラブの理事にもなっていて、今年も忙しい1年が始まりました。
ここ数年、宅建協会の無料相談所の相談員になって気が付いていることなのですが、これだけ不況が続くと、やはり「藁をもつかむ」取引が増えつつあります。
今年1年で景気が回復するとは到底思われませんが、誠心誠意まじめな仕事を続けていけば、どうにか道は切り開けていくと信じて、しっかり頑張って行こうと思っています。今年もよろしくお願い申し上げます。
平成23年1月2日
株式会社 共立不動産
代表取締役 山下健治

2011/1/2