社長のブログ

桜満開!!

弊社が管理している県立大学生向けマンションもお蔭様で全室満室となり仕事も一段落。そして桜の季節が訪れました。


今年の1月31日はこれだけ積もっていたのに、4月12日はこうなりました。

丸岡城の桜も4月14日にはほぼ満開、(写真は4月12日撮影)
恒例のボンボリ探しに出かけましたが、今年はなかなか見つからず、お城の東側駐車場から階段で二の丸、お天守に登っても見つからず、西側登り口を下りても見つからず、車道をまた二の丸に登って、スロープで東口に戻ろうとしたら、ありました。
結局、東側駐車場からスロープで登る途中(写真の赤丸付近)にあり、運がよければ探し出して2,3分で見つかる場所でした。お蔭様で、20分ほどいい運動ができました。

花と言えば桜。日本人の無常観にも一致する様が好まれていると言われますが、先日NHKのソングスと言う番組で、美輪明宏が広島、長崎をはじめ東京も大阪も日本中の都市がほとんど一面焼け野原からこれだけ復興したのだから、東北も必ず復興する、って言ってました。人間ってすごいし、日本人ってこういいう災害に立ち向かって生きてきた人種なのかもしれません。


今日、三国の業者の方にお会いしたら、先日、岩手の陸前高田市に復興ボランティアに行っている人から電話があり、海に面している街だから被災者は魚を食べたいと言っている。何とか用意できないか、とのことで、三国の有志が集まって、早速魚3000匹を一夜干しにして贈ってあげたとのこと。
気持ちのこもった支援は現地で、大変喜ばれたとのことで、お金はそれほどかけなくても、「今何が欲しいか、必要としているか」という現場の被災者の声と、「何でも何とかしてあげよう」とする支援者が直接つながれば、こんなに素敵なボランティアも実現できるんだなぁって感心しました。
こういう支援お話を聞くと、義捐金を集めることももちろん大切だけど、動きの悪い組織も多く、一人では何もできない無力さを感じているこの頃です。

2011/4/14