社長のブログ

復興リンゴと民間住宅借上第1号

先日、私が所属しているロータリークラブの有志から「陸前高田の復興リンゴ購入予約」の申込書がファックスされてきました。
風評被害や販売先がなくなって、売れ行きが落ち込んでいる被災地の農産物を、積極的に購入し、被災地を支援しようという取組みです。とりあえず、リンゴばかり毎日食べるわけにも行かないのですが、自家消費用と近所などに配る予定で5kg(約16~20個 2000円)を2個申し込みました。
10kg入り(約32~40個 4000円)もあるとのことです。11月下旬頃には郵送されるそうです。趣旨に賛同していただける方は、弊社宛お申し込み下さい。

もう一つ、福井県が被災者のために民間住宅を借り上げ被災者の応急住宅とする施策をはじめました。これまでは、避難してきた被災者に、県営住宅や市営住宅を提供してきましたが、やはりもう少し便利なところとか、広くて設備が良いところも提供しようと、民間住宅を県が借り上げて住まわせる支援策です。
これに、早速弊社の貸家に福島県からの被災者の方が入居することとなり、この支援策の適用第1号ととなりました。福井県知事が借主となる珍しい賃貸契約を締結しましたが、民間住宅を借りる場合でも、家賃お支払いが後払いなど独特の契約となり、家主や関係者との打合せなど、色々大変でした。
10月30日現在、福井県内には207世帯、496人の避難者が来られているそうですが、この制度で徐々に民間住宅に引っ越してくるものと思われます。また、福井県宅地建物取引業でもこの制度に関する業務提携を近日中に締結する予定です。

2011/11/5